快眠プラス

快眠プラスに含まれる成分「L-テアニン」とは

「快眠プラスは睡眠の質を上げてくれるようなサプリということはわかった。
だけど、この快眠プラスに入っている「L-テアニン」とは何?」

こんな疑問にお答えします。

体に入れるものだからこそ、中身の成分は実際に気になりますよね。

結論から申しますと「L-テアニン」とは緑茶に含まれるアミノ酸の一種のことです。

このL-テアニンですが、主に2つの効果があります。

①睡眠改善作用

②ストレス軽減作用

順番に説明していきます。

①睡眠改善作用

睡眠をうまくとれないという原因は様々ですが大きく分けて2つの要因があります。

1、覚醒系神経伝達物質の増加

2、交感神経の活発化

さて、少し難しい話になりましたが、L-テアニンは上記の2つの要因を抑制化する働きがあります。これは実際に実験で効果の有用性が実証されています。

熟年女性を対象とした他の研究報告では、L-テアニンの服用で睡眠前半では副交感神経の活動を亢進させ、睡眠後半で交感神経の活動低下が認められている。一方で、午前中に同量を服用した場合には、眠気を引き起こす作用は認められず、睡眠導入剤などの作用とは明らかにメカニズムが異なる。L-テアニンの睡眠安定作用と起床時のリフレッシュ感の改善作用は、覚醒系の神経伝達物質であるグルタミンの過常分泌に対する調節作用によるものと考えられている。

(出典:食と健康Lab)

この文の中で、サラッと重要なことが書いてあります。

それは「午前中に同量を服用した場合には、眠気を引き起こす作用は認められず、睡眠導入剤などの作用とは明らかにメカニズムが異なる。」という部分です。

つまり、L-テアニンと睡眠薬などを比べると「睡眠へ至るまでの効果をだす仕組みが違う」ということです。

睡眠薬は厳密にいうと細かく効果がわかれますが、やはり「薬」というだけあって、副作用もあり、体に負担がかかるものが多いです。イメージとしては「眠くない状態」から「眠くなる状態」へ強制的に変えるという感じです。

その一方でL-テアニンの場合は、自然由来の成分なので、体に負担をかけずに「眠くなる状態」へ自然と変えていくというイメージに近いです。

このようにL-テアニンは成分の特質上、睡眠薬と比べて、体に負担をかけずに自然と眠りに導いてくれる効果があります。

②ストレス軽減作用

L-テアニンは睡眠改善の他に、抗ストレス作用という効果もあります。

これに関してもしっかり実証結果があります。

L-テアニンには、一過性の作業にともなうストレスをやわらげる機能があることが報告されています。

健常人12名にL-テアニン200mgを摂取させた後、PC画面を使用した計算テストを実施してもらいました。すると、プラセボ(偽薬)を摂取した場合と比べ、L-テアニンを摂取した場合、計算テスト中および終了後20分までの主観的なストレス感の上昇率が抑えられ、心拍の上昇も抑えられました。L-テアニンを摂取したことで、一時的な作業によるストレスが緩和されたことを示しています。
(出典:食と健康Lab)

上記の実験からも分かるように、L-テアニンは日々私たちが感じている「ストレス」を減少させる働きがあります。

まとめ:L-テアニンは現代の日本人にとって必要な成分

「睡眠」と「ストレス」の2つは、私たち日本人にとってはとても大切なキーワードです。
睡眠とストレスは切っても切り離せないくらい良い意味でも悪い意味でも関係性が強いです。

その中で「睡眠の質を高めて、ストレスを減らす」これが手軽にできたら嬉しいですよね。

そこで強い味方となってくれるのが「L-テアニン」です。L-テアニンを摂取する方法はいくつかありますが、「サプリ」ですと手軽に摂取ができてオススメです。

当サイトで紹介している「快眠プラス」はその中の一つですが、あなたが「もし時間がないけどゆっくり休みたい。」と思っているのであれば、ぜひ検討してみることをオススメします。