快眠プラス

快眠プラスに記載されている機能性表示食品について

「快眠プラスを見たら、パッケージに「機能性表示食品」と記載されていた…。
この機能性表示食品って実際なんなの?」

こんな疑問にお答えします。

とは言ったものの、先に結論からお伝えします。

機能性表示食品は一言でいうと「国から一定の機能性・安全性が認められた食品のこと」を言います。

「ちょっとこれだけではわからないなぁ…」という方のために、もう少し詳しく見ていきましょう。

世の中で機能性・安全性の表記が許された3つの食品

世の中の食品において機能性が表記されているものが3種類あります。

①特定保健用食品・・・表示されている効果や安全性に基づいて国が審査を行い、食品ごとに消費者長官が許可している食品。

②栄養機能食品・・・すでに科学的根拠が確認された栄養成分を一定の基準量含み、国が定めた表現によって機能性を表示した食品。(届出の必要なし)

機能性表示食品・・・事業者の責任において、科学的根拠を示した食品。特定保健栄養食品と異なり、費者長官が個別に許可しているものではないが、食品の安全性や機能性が消費者庁へ届け出られたもののことをいう。

特定保健用食品はあなたも聞いたことがあるのではないでしょうか。いわゆるトクホというやつです。

例えば肥満防止のお茶やコーラなどが挙げられます。

こちらに関しては個別に消費者庁の表記の許可を得ないと、販売できないもので、3種類の食品の中でも厳しくチェックされます。

その中で「機能性食品」は特定保健用食品ほど審査は厳しくはないが、一定の消費者庁の基準はクリアしている食品だと言えます。

機能性食品は健康食品のスタンダード

機能性食品に関して、内容を見てきましたが、今や「機能性食品」は世の中の健康食品において当たり前になりつつあります。

例えば、有名な清涼飲料水として「カルピス」というものがあります。

あのカルピスも実は機能性表示食品として売られているものがあります。

出典:https://www.asahiinryo.co.jp/products/milkybeverage/karada_calpis/

 

ここで伝えたいのは、有名な食品でさえ、わざわざこうした表記をしているのだから、「機能性表示をしていない健康食品を買うのはリスクが高い」ということです。

ここでいう「リスク」とは2つあります。

機能性表示食品でないものを買うリスク

①健康上のリスク

②金銭的なリスク

少し大げさな話かもしれませんが、健康上のリスクとは名前の通り、体に悪影響が出てしまうリスクです。販売者もよく分からない上に、国からの許可や申請が通っていない食品となると、不安ですよね。

冒頭でも話しましたが、体に入れるものだからこそ、食品に関しては慎重に選ぶべき、ということをお伝えしたいです。

次に、金銭的なリスクとは「無駄な買い物」をしてしまう、ということです。機能性・安全性が機能性表示食品として記載されていない以上、どれほどの効果があるかは未知数です。つまり、払ったお金に対して、得られる効果が見えず、無駄な買い物をしてしまう恐れがあるということです。

上記の2つリスクを考えた時に、「機能性表示食品」などの国から許可を得ていない健康食品を買うのはオススメできません。

快眠プラスは機能性表示食品

ちなみに、当サイトで紹介している快眠プラスは「機能性表示食品」です。

世の中には睡眠に関するサプリは多くありますが、こうした表示が許可された食品は数少ないです。

ですが、快眠プラスは違います。

もし、あなたが「寝付くのに時間がかかる…」「なぜか夜中に目が覚めてしまう…」こんな悩みを抱えているのであれば、快眠プラスを一度試してみてください。

快眠プラスであなたの睡眠生活が変わるかもしれません。