快眠プラス

【比較】快眠プラスと睡眠薬どちらを選べばいいの?

「快眠プラスと睡眠薬の違いがよくわからない。本当は同じなんじゃないの?」

こんな疑問にお答えします。

名前だけ見ると、どちらも効果は一緒だと思いますよね。

ですが、結論から言いますと快眠プラスと睡眠薬は全く違うものです。

サプリと睡眠薬の違い

睡眠薬は様々な種類がありますが、それらに共通して言えるのは常に「副作用のリスク」をもっているということです。副作用とは、例えば起床後のだるさ、運動機能の低下などです。

これが快眠プラスをはじめとしたサプリと大きく違う点です。

睡眠薬は症状が重い場合は効き目に即効性もあり、効果的です。(個人差はもちろんあります)ただし、睡眠薬の使用は副作用などのリスクを考えると短期間がオススメです。

最近は副作用が少ない薬が増えましたが、やはり副作用へのリスクは100%出ないとは言えません。

なぜ睡眠薬があるのに、サプリがあるのか

ここで一度整理してみましょう。

サプリ→健康食品、栄養補助食品

薬→医薬品

サプリは私たちが手軽に入手・摂取できる食品のことを言います。逆に薬は市販の物でも、サプリと比べると手軽さ・摂取のしやすさには欠けます。

ところで、みなさんはドラッグストアに行ったことはありますか。

店内にいくとサプリは商品棚においてありますが、医薬品はレジカウンターの後ろの棚に置かれていることが多いですよね。医薬品の中で効き目が強い薬には「即効性がある=成分の効き目が強い=副作用のリスクもある」という特徴があります。

2009年の改正薬事法なども関係していますが、薬の効き目が強い分、副作用などもあるため手軽に手に取れないように、置き場所が違うのです。

では、反対にサプリはなぜ商品棚におかれているかといいますと、サプリがあくまで「健康食品・栄養補助食品」だからです。

つまり、サプリは薬のような副作用のリスクはなく「症状を緩和する目的で日常的に飲めるものですよ」ということを暗に意味しています。

睡眠改善薬を飲んだ私の体験談

睡眠薬とは少し違いますが、一時期不眠症で悩んでいた時、市販で売られていた「睡眠改善薬」を飲んだことがありました。

服用してみると、睡眠時にかなり強い眠気がきて、寝つきは良かったのですが、問題はその後でした。起床時にかなり体がだるく、1日頭がボーッとしてしまうことがありました。

そういった経験から、本当に深刻な症状でない限り、薬の服用は避けるべきだと私は思います。

サプリは日常生活で手軽に摂取できる

サプリは薬のように副作用がないため、日常生活の中で手軽に摂取できます。とはいえ、サプリにも薬と比べるとデメリットになる部分もあります。

例えば、薬よりも即効性がないということです。即効性がないというと、「効果がないのではないか」と思われる方もいるかもしれませんがそうではありません。

サプリの効果は「長期的にジワジワ効き目を感じられる」というイメージです。
(もちろん個人差はあります)

快眠プラスは自然由来の成分がたっぷり

快眠プラスは睡眠薬などとは違い、自然由来の成分「L-テアニン」が200mg配合されています。

L-テアニンは緑茶に含まれるアミノ酸の一種です。L-テアニンは「睡眠改善作用とストレス軽減作用」の2つの効果があります。

もしあなたが「寝つきが悪い…。」「起床時に体がだるい…。」「夜中に目がさめる…。」こういった悩みを持っていましたら、一度快眠プラスを試してみてはいかがでしょうか。

快眠サプリを500円から試してみる